ゴッゴル » 2005年4月

« 2005年3月 | | 2005年5月 »

デースケドガー理論の研究者

[要旨] [キーワード]

「うん。吉沢教授がインドネシアに行ってるうちに、君なりのデースケドガー理論の解釈を論文にまとめておけって言われてるんだ。」
「吉沢教授って隆太を研究所に引っ張った人ね。デースケドガーって何?」
「簡単に言うと大脳生理学と人間の進化の関連づけっていうか・・・わかる?」

デースケドガーの悪夢: デースケドガーの誕生(1): プロローグ

デースケドガー理論の研究者と思われる人を発見。「デースケドガー理論」って、「大脳生理学と人間の進化」を関連付ける理論なのでしょうか? ううむ、何かが違う気が。

ヤブランフスキー理論の立場からゴッゴルを説明しようとして、説明し切れなくなってきたところに登場したのが「デースケドガー理論」だという理解で合ってますよね?

で、例えば、地球上に存在する「うなぎ茶漬け」が、2500万光年先にある「とんかつ茶漬け」に対してゴッゴル反応を起こす現象を、矛盾なく説明することに成功したのが、「デースケドガー理論」である。ここまではいいですよね?

ゴッゴル反応は、なぜ、光の速度をはるかに上回る速度で伝わるのか。それが長い間の疑問でした。それを明快に説明することに成功したのが、デースケドガー教授の提唱する理論だったんです。この理論を知ったときは、はっきりいってショックでした。

みなさんは、デースケドガー理論の発表を受けて、どんなショックを受けましたか? このブログでは、あなたの体験を募集しています。ぜひ、体験記をお寄せください。


第 2 回 SEO コンテスト (新潟・スマトラ頑張れ!!)
デースケドガー トラックバック OK

投稿: 2005-04-05 午後 08:32 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (13)
[98 デースケドガーに関する雑記]