Windows XP 同梱の IE6.0 とそれ以外の IE6.0 での動作の違い

観測気球

収集物の記録書庫 a data archive of collection -- collectible toys

[要旨] DOCTYPE 宣言による「解釈モード」の切り替え 上記の Web ページを読...
[キーワード]

« Continue reading "記事タイトル" | トップページ | 冬コミ 0日目 »

2003.12.26

Windows XP 同梱の IE6.0 とそれ以外の IE6.0 での動作の違い

DOCTYPE 宣言による「解釈モード」の切り替え

上記の Web ページを読んでいて思い出したことがあります。

IE6.0 に限定して話をします。なぜか、原因は今のところはっきりしていないのですが、Windows XP に標準で付いてくる IE6.0Microsoft の IE のダウンロードサイトからもったきた IE6.0 とで、微妙に CSS 回りの解釈に違いが出ることがあるようです。

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja">

のように html 要素が記述されている XHTML ページでは、両方の IE6.0 での動作の違いは見られないことが経験的にわかっています。しかし、

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">

または、単に

<html>

と記述されている XHTML ページでは動作の違いが観測されることがあります。

動作の違いが顕著に出るのは、「blockquote 要素」 と 「pre 要素」 で、行が長い場合の改行のされ方や、スタイルシートで overflow: scroll; あるいは overflow: auto; の指定をしたときの見栄えに違いが現れます。ただし、常に違いが現れる訳ではありません。

これは Windows XP に標準で付いてくる IE6.0 のバグのような気がするのですが、

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja">

と書くようにするだけで、誤動作(?)を防ぐことができます。

残念ながら、ココログでは、html 要素はいじれないので、上記の対策を実施することはできないのですが。

ということで、Windows XP をお使いの方は、この記事のように blockquote 要素を使っている XHTML ページは、変な見え方をすることがあるかもしれません。このような事情があることを、頭の片隅にでも置いておいてくだされば、幸いです。


投稿者: tsupo 2003.12.26 午後 04:53 | 固定リンク | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリを del.icio.us に登録 このエントリの del.icio.us での登録状況 | このエントリを Buzzurl に追加このエントリの Buzzurl での登録状況 | このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリのlivedoorクリップでの登録状況 このエントリをlivedoorクリップに登録している人の数 | 酢鶏巡回中

楽天市場


品揃え豊富で安い!NTT-X Store


アマゾンわくわく探検隊

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: Windows XP 同梱の IE6.0 とそれ以外の IE6.0 での動作の違い:

コメント

コメントを書く




※イタズラ防止のため、メールアドレスを入力しないと投稿できません。

次からのコメント入力の手間を省くために、名前やメールアドレスをcookieに記憶しますか?


URL を入力すると、その URL にリンクがはられます。
なお、メールアドレスは公開されません。ご安心ください。


ワード

ニッセン

fujisan.co.jp

楽天市場