少女マンガ雑感

観測気球

収集物の記録書庫 a data archive of collection -- collectible toys

[要旨] 「少女マンガのセクシュアリティ ~レイプからメイドへ~」は読んでいておもしろいです。少なくとも私とは視点が違うので、そういう見方もあるのか、という感じで、楽しめます。
[キーワード] トラウマ,自虐

« そういえば、なんで少女マンガにはまってしまったんだろう? | トップページ | 詞織: 誰に?:ブラウザかRSSリーダーか »

2004.01.10

少女マンガ雑感

前の記事(そういえば、なんで少女マンガにはまってしまったんだろう?)に追記しようと思ったけど、新たな記事として書くことにします。

blukfeedsで「少女マンガ」で検索してみたら、興味のある記事が見つかったので、コメント。

無言の日記 Don’t foget me,memento me (2004年1月6日)
で、トラウマの話なんですが。

藤本由香里「少女マンガのセクシュアリティ ~レイプからメイドへ~」(前半) (後半)を読ませていただきました。まぁメイドとかは結構どうでもいいんで。才蔵に萌えないんですよ私は。左介のが好きです。木の上の千代の足にキスするシーンが凄く良かった。とまぁ私の萌え話は置いておいてですね。

確かに「少女マンガのセクシュアリティ ~レイプからメイドへ~」は読んでいておもしろいですね。少なくとも私とは視点が違うので、そうかぁ、そういう見方もあるのかぁ、という感じで、楽しめます。

で、「才蔵に萌えないんですよ私は。」うんぬん。やっぱり、女性(本来の読者層)は、そういう読み方をしますよね。私はどうしても「しの姫(御城紫信)萌え」で読んでしまう。(「てるてる×少年」 高尾 滋)

前の記事で「『ちゃお』や『花とゆめ』では、同じ系統の作家を時々見かけるんだけど」って書いた、その作家の一人が、まさしく、高尾滋な訳で。これには異論もあると思いますが。

少女漫画でトラウマって無理に脱出する必要ないよ

トラウマ自体がエンターテイメントと結びついているという指摘はその通りだと思う。

同意。自虐を楽しむというか。読んでておもしろいです、この人のはてなダイアリー。チェック対象に追加。

投稿者: tsupo 2004.01.10 午後 11:06 | 固定リンク | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリを del.icio.us に登録 このエントリの del.icio.us での登録状況 | このエントリを Buzzurl に追加このエントリの Buzzurl での登録状況 | このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリのlivedoorクリップでの登録状況 このエントリをlivedoorクリップに登録している人の数 | 酢鶏巡回中

楽天市場


品揃え豊富で安い!NTT-X Store


アマゾンわくわく探検隊

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 少女マンガ雑感:

コメント

コメントを書く




※イタズラ防止のため、メールアドレスを入力しないと投稿できません。

次からのコメント入力の手間を省くために、名前やメールアドレスをcookieに記憶しますか?


URL を入力すると、その URL にリンクがはられます。
なお、メールアドレスは公開されません。ご安心ください。


ワード

ニッセン

fujisan.co.jp

楽天市場