政治的に正しい露出の仕方

観測気球

収集物の記録書庫 a data archive of collection -- collectible toys

[要旨] ついでなので、去年の晩夏頃から引きづっている感のある「儀礼的無関心」についても、...
[キーワード]

« 「続きを読む」ための XML-RPC | トップページ | mapae で Go! »

2004.01.15

政治的に正しい露出の仕方

ついでなので、去年の晩夏頃から引きづっている感のある「儀礼的無関心」についても、思うところを書いてみよう。
そもそも、Web 出現以前から、「儀礼的無関心」な態度というのはインターネット上に存在しました。ネットニュースではネタにせず、メイリングリスト(それもごく小人数の裏のメイリングリスト)だけでこっそり取り上げる、といったことは行なわれてきたわけです。多くの人の目に触れると価値のさがる情報とかあったりして、でもやっぱり話題にはしたくて、そういう情報は賞味期限切れになるまで待ってから、パブリックな場所で取り上げる。今でもそういうことはありますよね。

露出するリスク

下品な例えでごめんなさいだけど、ホモ雑誌はホモしか読まないし、ゴスロリ雑誌はゴスロリさんしか読まないっていうのが紙メディアでは前提あるんだけど

まずは、本筋に関係ない突っ込み。ホモ雑誌、やおいすとは、やっぱり読まないのだろうか? ホモとやおいは違う、といいつつ、読んでる女の子、いるんじゃないかと思ってる。ゴスロリ雑誌はコスプレイヤーおっかけカメコの皆さんが読んでるし、最近は「マリみて」の影響で百合雑誌を読む男も増えてるし。前提は必ずしも成り立つわけではないのが今日この頃。百合雑誌がアニメイトに置いてある時代なんだし。

ニュースサイトとかで話題になってリンクバンバンになるってのは、ソレがそれだけリンク貼られるべき価値あるブツだからなんだよ。
ニュースサイトが取り上げたからというより、そういう価値あるもんをWebに掲載したからなのだ。
そういうリンク貼られるべきなよーなもんをWebにあげといてリンクすなってのは俺にはわがままに思える。

Web にいったん公開したものは、誰がどういうふうにリンクしても文句は言えない。というか、Web って、本来そういうもの。ディープリンク禁止とか言ってる人は、Web というものをわかってない。

それはそれとして。

つーわけで、儀礼的無関心とか言ってわけのわからん都合のいいリンクルールを他人に押し付ける思想は俺は同調しかねるな

一連の「儀礼的無関心」議論の発端は、そういう話ではなくて。すごく関心を示しているWebページがあるんだけど、そのWebページの内容とか、運営者の心情を慮って、あえてリンクをはらないことがある。リンクをはることで、そのサイトが閉鎖に追い込まれてしまうとか、そっとしておいてあげたいとか。そういう経験、あなたにもありませんか? ってのが発端だと記憶してます。
それから派生して、いろんな話が出て、次第に発散していったという。
もちろん、私も『リンクルールを他人に押し付ける』という主張には反対です。まぁ、押しつけられても無視するだけだけど。

リンクされるような価値あるコンテンツアップしといて見るな注目するなってのは露出狂の心得がなってないと思います。

本人は露出しているつもりはないのでしょう、きっと。こんなページ、見られるとは思ってもみなかった。そっとしといてよ。そういう心の作用なのでしょう。自覚のない露出狂。
あるいは、書きたくて書きたくて仕方がないんだけど、読まれるのは嫌だ、というわがまま。露出したいけど、見られたくない。わからないこともないけど、Web では、それは通用しない。誰でも見ようと思えば見ることができるし、話題にすることもできる。

ってことで(何がだ)、何をさらして何をさらさないか、よく考えてから(もしくは『覚悟』を決めてから)、Webページを書こう、記事を投稿しよう、という、あたりまえで面白くもない結論になってしまう。もうちょっとひねれないかな?

で、自分が「儀礼的無関心」の恩恵(?)を受けたい場合はどうすればいいのか、というのが最近の話の流れだと認識している。しかも実装するのが面倒な機能を導入したり、メンテが大変な実現方法は使わずに、というわがままな要求つき。それで出てきた話が「読者を減らす努力」という話題。そんな努力するくらいなら、最初から Web ページを作るな、というのは簡単。話が終わってしまう。話を終わらせない工夫としての議論の続行。これは深読みっすかね。
まだまだ、この方面の話、いろんな人が書きそうなので、ウォッチは続けたいと思います。このblogは「観測気球」なんだし。

チンコを晒す自覚のない人たち
晒したくなければ何らかの方法をとらないといけないんだよ!と叫んで伝える必要性を感じてます。
(加野瀬さん)

ぜひ叫んでください。叫んでも聞く耳を持たない人もいますけど、あきらめずに。何か、自分に言ってる気がしてきた。

私の記事がきっかけで書かれた「リンクにまつわるエトセトラ PART3」、さらにそこから発展した記事「覚悟-その行為の前にII」への返歌を兼ねたつもりですが、ちゃんと返歌になってますでしょうか?

投稿者: tsupo 2004.01.15 午前 03:03 | 固定リンク | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリを del.icio.us に登録 このエントリの del.icio.us での登録状況 | このエントリを Buzzurl に追加このエントリの Buzzurl での登録状況 | このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリのlivedoorクリップでの登録状況 このエントリをlivedoorクリップに登録している人の数 | 酢鶏巡回中

楽天市場


日記・コラム・つぶやき」カテゴリ内の最近の記事

品揃え豊富で安い!NTT-X Store


アマゾンわくわく探検隊

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6737/102751

この記事へのトラックバック一覧です: 政治的に正しい露出の仕方:

コメント


はじめまして。興味深く読みました。痛快!充実した内容さすがです。僕も、いつかは、こうゆうテキスト書きたいですね。
とり急ぎ、挨拶まで。

投稿者: it1127 (2004.01.15 午前 10:16)

コメントを書く




※イタズラ防止のため、メールアドレスを入力しないと投稿できません。

次からのコメント入力の手間を省くために、名前やメールアドレスをcookieに記憶しますか?


URL を入力すると、その URL にリンクがはられます。
なお、メールアドレスは公開されません。ご安心ください。


ワード

ニッセン

fujisan.co.jp

楽天市場