アニメの実写化、実写のアニメ化

観測気球

収集物の記録書庫 a data archive of collection -- collectible toys

[要旨] 「キャシャーンがやらねば誰がやる」「俺がやる」っていうの、流行りませんでしたか?...
[キーワード]

« トラックバックしないでおいたら向こうの方からトラックバックされてしまいました | トップページ | update ping 送信プログラム »

2004.02.01

アニメの実写化、実写のアニメ化

「キャシャーンがやらねば誰がやる」「俺がやる」っていうの、流行りませんでしたか? 私の回りだけかも。

って、話はどうでもよくて。 「アニメの実写化は是か非か」って話題。元のアニメに思い入れがどれだけあるかによっても変わってくると思うんだけど、別に実写化してもいんじゃないの? 駄目な実写版だったら、見ないだけだし。というのが私のスタンス。こんなのは実写にするの無理だろう、ってアニメがちゃんと実写化できてたら、それは歓迎する。でも、元のアニメの世界を忘れれば何とか見ることができるっていう実写版なら、ない方がいい。

これは、「まんが・コミックのアニメ化」、「小説のアニメ化」にも言えることであって、「アニメの実写化」だけを特別視する必要はない。「実写のアニメ化」もそう。「原作」もしくは「自分の知っている世界」を壊されるのを嫌うのはよくわかる。でも、いい意味で「壊され」てできあがった「二次著作物」というのも存在するのは確か。そういうものまで否定する気にはなれない。

「鉄腕アトム」もアニメより前に実写版があった訳だし、「鉄人28号」だってそう。「実写のアニメ化」の例にしてもいいのかどうかは、議論の余地のあるところ。少なくとも「鉄腕アトム」は最初からアニメ化を念頭に描かれたマンガだから、例とするには不適切かもしれない。
そういう意味で「実写のアニメ化」の例として挙げるのなら、「ジャイアントロボ」、「マグマ大使」辺りがいいのかな? 「マグマ大使」のアニメ版は未見なのでコメントは保留するとして、「ジャイアントロボ」のアニメ版『地球が静止する日』は実写版とは全然別物になってしまったけど、面白いアニメになったことは確か。こういう「実写のアニメ化」までは否定したくない。
それと一緒で、「アニメの実写化」でもいいものができあがれば、全然問題ない。問題あるものができてしまうことの方が多い、という経験則から、「アニメの実写化」は反対すべきであると演繹される、というのもわかるんだけど。

アニメの実写化って??TB

リメークが「くそリメーク」だったら、その時に「原作はやっぱりよかった」と思い出に浸るという楽しみ方もいいと思うんですよね。

要するに、そういうこと。あえて「くそ」なところ、出来の悪いところ、「原作」をわかってないところ、などなどを指摘して楽しむ、というへそ曲がり的な楽しみ方もあるし。最近の量産されるつまんないアニメの楽しみ方だったりもする、へそ曲がり的楽しみ方 (笑)

余談: 最近は減りつつあるけど、原作が小説(特にSF)の場合、原作を理解せずにアニメ化したものが多くて、ひとりの SF ファンとしては悲しかったりする。

*** 追記 ***
Similarity Search による類似記事検索結果

投稿者: tsupo 2004.02.01 午前 01:44 | 固定リンク | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリを del.icio.us に登録 このエントリの del.icio.us での登録状況 | このエントリを Buzzurl に追加このエントリの Buzzurl での登録状況 | このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリのlivedoorクリップでの登録状況 このエントリをlivedoorクリップに登録している人の数 | 酢鶏巡回中

楽天市場


まんが」カテゴリ内の最近の記事

アニメ」カテゴリ内の最近の記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリ内の最近の記事

特撮」カテゴリ内の最近の記事

品揃え豊富で安い!NTT-X Store


アマゾンわくわく探検隊

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6737/154381

この記事へのトラックバック一覧です: アニメの実写化、実写のアニメ化:

» ■アニメ実写化その後 from ごまめのつぶやき
NEWS FORECASTで実写化希望作品の集計結果が出てました。 続きを読む

受信: 2004.02.02 午後 05:49

» キャシャーン from ◆BBNews◆ゲーム、映画、アニメ、音楽、CM、テレビ番組紹介
宇多田ヒカルの夫という事でも有名な映像作家、紀里谷和明が初めて 監督・脚本・編集をつとめる映画、CASSHERN。夫婦そろって日本語が嫌いなようで。。 今作品... 続きを読む

受信: 2004.02.07 午前 06:52

コメント


余談に反応:最近では「雪風」・・・ひどいですよね・・・

投稿者: たりぽん (2004.02.01 午前 10:17)

コメントを書く




※イタズラ防止のため、メールアドレスを入力しないと投稿できません。

次からのコメント入力の手間を省くために、名前やメールアドレスをcookieに記憶しますか?


URL を入力すると、その URL にリンクがはられます。
なお、メールアドレスは公開されません。ご安心ください。


ワード

ニッセン

fujisan.co.jp

楽天市場