ネット世代と言っても、実はさらにその内部に世代があるのではないのか?

観測気球

収集物の記録書庫 a data archive of collection -- collectible toys

[要旨] 梅田さんは「PC世代」と「ネット世代」に分けて考察されていますが、実は、「ネット世代」も「古いネット世代」と「新しいネット世代」に分けて考えてみると、新しい何かが見えてくるかもしれません。
[キーワード] PC世代 ネット世代

« 新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画 | トップページ | 右クリックでトラックバック »

2004.05.21

ネット世代と言っても、実はさらにその内部に世代があるのではないのか?

最も重要な部分だけはカット&ペーストしてしまうことである。

CNET Japan Blog - 梅田望夫・英語で読むITトレンド:Blogは究極の知的生産の道具

実際には「カット&ペースト」も「コピー&ペースト」も区別せず、常に「カット&ペースト」と言ってしまう/書いてしまうのが、 インターネット黎明期(mail と netnews のみが主要なネットアプリケーションだった頃)からネットを利用している人。 ちゃんと区別して言う/書く人が、Web 登場以降、もしくは Windows 95 登場以降にインターネットを使うようになった人。

というような世代に分けられそうな気がします。そういう意味では、梅田さんも私も「古い」ネット世代。最近は、ちゃんと「コピー&ペースト」と書くようにしてますが、 口で言うときは、つい「カット&ペースト」と言ってしまいがちな私 (^^;

インターネットの隠れた本質みたいなものを当然のこととして身体で理解している世代、と、古い常識を身にまとっている世代との差は歴然としてある、と思っている。

CNET Japan Blog - 梅田望夫・英語で読むITトレンド:ネット世代とPC世代を分ける「インターネットの隠れた本質」

「PC世代」と「ネット世代」の違いに関する考察はそれなりに納得できるところもあるのですが、さらに一歩踏み込んで、 「ネット世代」に関しては 「古いネット世代」と「新しいネット世代」の違いについて、考察してみるのも面白いかもしれません。
私の考察については、後日、詳しく書いてみたいと思います。
「新しいネット世代」の人からの考察、どなたか書いてみませんか? 古い世代の視点と新しい世代の視点は違うと思いますし。

投稿者: tsupo 2004.05.21 午後 12:59 | 固定リンク | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリを del.icio.us に登録 このエントリの del.icio.us での登録状況 | このエントリを Buzzurl に追加このエントリの Buzzurl での登録状況 | このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリのlivedoorクリップでの登録状況 このエントリをlivedoorクリップに登録している人の数 | 酢鶏巡回中

楽天市場


日記・コラム・つぶやき」カテゴリ内の最近の記事

品揃え豊富で安い!NTT-X Store


アマゾンわくわく探検隊

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6737/629216

この記事へのトラックバック一覧です: ネット世代と言っても、実はさらにその内部に世代があるのではないのか?:

コメント


ありますね、ネットに世代は。
すごく大雑把にちょっと分けてみると…
A) Win95以前
B) Windowsブーム~Win2000
C) WinXP、Yahoo!BB以降
なんてのはどうでしょう。

どこかのセミナーで聞いた話ですが、C)ぐらいの「ブロードバンド常識世代」の人の中には、最近アフェリエイトが流行るまでアマゾンとか知らなかったりする人もいるようです。えぇーって感じですが。

A)な方とC)な方は、最近のBLOGでいうところの切込隊長氏と木村剛氏みたいに、かなりのジェネレーションギャップが生じてますよね。

自分はA)なんですが、B)な方ともギャップを感じることがあります。最新技術導入の話とか、WEBに対する「常識」とか…。たった数年のA)とB)でもけっこうな壁を感じますが、これは世代というより意識的な問題かなぁとか思います。職場環境とかの。

投稿者: 出逢い系ヲタの過激な恋愛記 (2004.05.21 午後 02:37)


PC世代=非ネットワークの世代ということであるならば、その世代とインターネット世代の間に「パソコン通信世代」というのが多分ありますね。それも草の根BBS世代とVAN世代、と分けられるかも知れません。インターネットではやっぱり、tsupoさんのおっしゃる通り、mailやusenetがメインであった古い世代と、WWW一般化以降の世代。あとその後のブロードバンドの普及によるリッチコンテンツ世代、ということになるんでしょうかねぇ。

#投稿フォームでURL入れるとはじかれちゃうので、
#ここに書いておきます
http://valium.oops.jp/

投稿者: ヴァリウム男爵 (2004.05.21 午後 03:45)


やや、この記事、読みましたか。そうそうと思いながらも、ネット世代のジェネレーションギャップなのか、ネットに限らないジェネレーションギャップなのか、切り分けが難しいなとか思いました。

ちなみに、典型的なのは、パソコン通信とインターネットとiモードと、かなぁ(笑

携帯でネットを利用している世代というか層の考え方は、なかなか、スゴイものがあるように想像しています (^^;

投稿者: Tiger (2004.05.21 午後 04:55)


日本では、パソコン通信の開始(=NTTの民営化と同時、1985年4月)とインターネットの開始(1984年ごろ、一般化し始めたのは1985年秋以降かな?)がほぼ同時期なので微妙ですね。

投稿者: tsupo (2004.05.21 午後 05:36)


私の場合は、1986年春にインターネットを使い始め、夏にパソコン通信をはじめ、秋にパソコン通信のホスト局開設、という感じで、インターネットもパソコン通信もはまってました。

確かに、インターネットがメインの人と、パソコン通信がメインの人は考え方というか意見が食い違うことがよくあって、喧々諤々やってました。「世代」というか、「環境」の差で分けて、各々の特徴を考察した方がいいかもしれませんね。

投稿者: tsupo (2004.05.21 午後 05:42)


んー、インターネットに関しては、商用プロバイダがサービスインして個人が接続できるようになったのは90年以降ではないかと。というわけで一般化したのはもう少し遅いんじゃないかという気がしますが。もちろん「一般化」が何を指すのかによりますけれども ;)

投稿者: ヴァリウム男爵 (2004.05.21 午後 06:11)


TK-80時代の自分って...?
お呼びでない、こりゃまた失礼。
っていうか、化石かも。

投稿者: toshiya (2004.05.21 午後 07:19)


梅田さんのいう「PC世代」というのは、まさに『TK-80時代』~昭和60(1985)年頃までに、すでにコンピュータをいじりまくっていた人のことだと思います。

でも、そういう人、みんながみんな、梅田さんの指摘する特徴を持っているかどうかは疑問です。そういう傾向の人が、他の「世代」の人よりは多いのではないか、という推測はできますが。「世代」というのは実年齢とは関係なくて、コンピュータに触れ始めた時期(じゃなくて、コンピュータに対する接し方が固まった時期?)がいつなのか? ということだと思います。実年齢に関係ないと言っても、「PC世代」の人はそれなりの年齢になると思いますが。

投稿者: tsupo (2004.05.21 午後 09:43)

コメントを書く




※イタズラ防止のため、メールアドレスを入力しないと投稿できません。

次からのコメント入力の手間を省くために、名前やメールアドレスをcookieに記憶しますか?


URL を入力すると、その URL にリンクがはられます。
なお、メールアドレスは公開されません。ご安心ください。


ワード

ニッセン

fujisan.co.jp

楽天市場