BlogWrite Free 版を使ってみる

観測気球

収集物の記録書庫 a data archive of collection -- collectible toys

[要旨] いろいろ厳しいことを書いていますが、ご容赦ください。これからの改善に非常に期待しています。
[キーワード] blogger API Client

« 別にココログの肩を持つわけではありませんが…… | トップページ | BlogWrite Free 0.6 »

2004.06.21

BlogWrite Free 版を使ってみる

この記事は、BlogWrite の Free 版を試しに使って書いています。
(→ [追記] 生成された html コードが XHTML 的に問題があったため、結局、ecto for Windows 1.0.2 で記事を取得し直して、書き直しています)

BlogWrite の機能限定無料版 「BlogWrite Free」を無料公開します。使用期限なし、制限なしでお使いになれます。 BlogWrite Free は基本的にBlogWriteを大幅に機能を削除したものとなります。

HepCat Dev and Test: BlogWrite 無料版公開します

どういうhtmlソースが生成されるのか、投稿するまでわからないのが、不安。Free 版だけの制限なのかどうかわかりませんが、Convert Line Breaks の制御ができないのが困ります。

同一アカウントによる複数Blog対応、複数カテゴリ指定対応、過去記事取得用のメニューの豊富さは嬉しいんですが、他のWYSIWYG な blogger API クライアントに比べると、ちょっととっつきにくい点があるのも確か。例えば、突発的に、<p></p>に相当するマークが出現したり、消滅したりするところ、

あと、BlogWrite.exe をはじめて起動したときに過去記事一覧を取得すると、ユーザIDが本来表示されるべき位置に表示されず、投稿日時のところに表示されるのが気になりました。再取得、もしくは再起動でちゃんと表示されるようになるんですが、最初、この投稿日時は何なんだ? とびっくりしました。ユーザIDだったとは。

追記、概要、キーワードの編集ができないのは、たぶん仕様なんですよね。この辺が使えないと、非常に不便です。Free 版に多くを望んではいけないのかもしれませんが、他の Free な blogger API クライアントでできることは、Free 版でできて欲しいと思います。勝手なことを言っているとは思いますが (^^;

トラックバックURLの指定もできないようなので、あとで、別の blogger API クライアントでこの記事を取得し直してから、トラックバックを送信します。

では、投稿。

*** 6月21日 13時30分 追記 ***
[ecto for Windows 1.0.2 にて、記事の書き直し、追記、概要、キーワードの設定、トラックバック URL の指定を行なっています。]

どういう html ソースが生成されたのか、非常に心配でしたが、やっぱり、いろいろ問題がありました。

  • 生成されるタグが大文字になっている → HTML 4.x では OK でも XHTML では NG (小文字にする必要があります)
  • 期待していないタグが生成されている。例えば、余分な <BLOCKQUOTE> が生成されている。
  • (上記と関連しているのかもしれませんが、)インデントを <BLOCKQUOTE> の入れ子で実現しようとしている。 → <BLOCKQUOTE> は引用を表現するためのもので、インデントを実現するためのものではありません。

やっぱり、html 直打ちモードか、html ソース表示モードの類が欲しいです。どんなコードが生成されるかわからないのは不安です。html を理解していない人でも使えるクライアントを目指しているのは重々承知しているのですが、実際に生成されたコードを見て、こんなコードなら、content line breaks ありで投稿して、blog サーバ側にタグ付けを任した方がよほどよいコードが生成されるのに、と思ってしまいました。

タグが大文字になってしまうのは、IEコンポーネントをそのまま使う限りは防ぎようがないのかもしれません。IEコンポーネントを使っている WB Editor もかつて同じ罠にはまってましたから。今ではちゃんと小文字のタグを吐くようになっているので、何か対応策を編み出したんでしょうね。

ecto for Windows が WYSIWYG 非対応なままなのも、その辺が理由だったりするのかもしれません(根拠なし)。

*** 6月21日 13時55分 追記 ***
さらに追記。

BlogWrite のいいところ。

  • proxy の設定を(たぶん IE での設定をそのまま引き継いでいるんだと思いますが)明示的にしなくてもよいところ。
    他の blogger API クライアント(で私が試してみたもの)は、どれも例外なく、proxy の設定をしないと blog に関する情報の取得や記事の投稿ができませんでした。
  • 同一アカウントで複数 blog を運営している場合、最初の起動時に blog 一覧をちゃんと取得できている。これができる blogger API クライアントはまだ少ないです(増えつつありますが)。
  • (まだ試していませんが、)画像付きの記事の投稿が簡単にできること。これは重要だと思います。

まだまだ開発が始まったばかりなので不満点も多いのだと思いますが、これからどんどんよくなっていくと思います。注目していきます。

*** 6月21日 16時20分 追記 ***
またまた追記。

もしやコメント・トラックバックを受け付けない設定で投稿されてますか?

waterblue.air: BlogWriteFree

どうもそうみたいですね。この記事も、コメント、トラックバックともに受け付けない設定で投稿されてました。 orz
コメントもトラックバックも受け付ける設定で投稿し直し。

投稿者: tsupo 2004.06.21 午後 01:24 | 固定リンク | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリを del.icio.us に登録 このエントリの del.icio.us での登録状況 | このエントリを Buzzurl に追加このエントリの Buzzurl での登録状況 | このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリのlivedoorクリップでの登録状況 このエントリをlivedoorクリップに登録している人の数 | 酢鶏巡回中

楽天市場


Blogクライアント」カテゴリ内の最近の記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリ内の最近の記事

プログラミング」カテゴリ内の最近の記事

品揃え豊富で安い!NTT-X Store


アマゾンわくわく探検隊

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6737/811846

この記事へのトラックバック一覧です: BlogWrite Free 版を使ってみる:

コメント

コメントを書く




※イタズラ防止のため、メールアドレスを入力しないと投稿できません。

次からのコメント入力の手間を省くために、名前やメールアドレスをcookieに記憶しますか?


URL を入力すると、その URL にリンクがはられます。
なお、メールアドレスは公開されません。ご安心ください。


ワード

ニッセン

fujisan.co.jp

楽天市場