抽象化による差異の吸収で消費者にやさしい販売方法を実現するという発想はないのか?

観測気球

収集物の記録書庫 a data archive of collection -- collectible toys

[要旨] 差異化(差別化)でいまは有利な立場を確保できたとしても、抽象化(共通化)の浸透による消費者摺り寄りにはいずれ負けるんではないかという話。
[キーワード] 消費者,差異化,共通化

« ブログのサイドバーで占い ― ラボの流行 | トップページ | 「みんなで解決! 広場」のRSSを作ってみました »

2006.03.03

抽象化による差異の吸収で消費者にやさしい販売方法を実現するという発想はないのか?

セブンは昨年来、「様々なサービスを利用したい消費者の需要は大きい」と提携先の拡大を模索。これに対し、ぴあは「会社ごとに販売方法などが異なり、消費者が混乱する」として提携しないよう求めていた。

asahi.com: ぴあとセブン-イレブン、仲たがい チケット販売休止へ - 政治

何で「政治」にカテゴライズされてるのかわかんないけど、それはともかく。

販売方法を抽象化することで会社ごとの違いを吸収し、消費者の目からは全く同じ販売方法に見えるようにすることで、却って販売が伸びる、という発想はしないのかなぁ? まぁ、短期的には、中小には有利にはたらくけど、大手には不利になりかねないという考え方もできるけど、長い目で見れば、大手か中小かは大した問題ではなく、中身本来(何のチケットなのか)の勝負になって、公平になると思うんだけどなぁ。自分が今有利な立場にいるという自覚があり、販売方法を共通(であるように見せかける)にしてしまったら、その立場を維持できる自信がないということ? もし、そういう風に考えてるんだとしたら、先は長くないな。

逆に、販売方法を共通化する(抽象化により、あたかも共通であるかのように見せかける)仕掛けとしてのセブンイレブンはさらに伸びる余地がある。逆に、販売方法を抽象化しないまま、いろんなサービスと提携し続けるようなら、セブンイレブンもいずれ終わる。新聞記事のニュアンスから行くと、「販売方法を抽象化しないまま、いろんなサービスと提携し続け」ようとしてるのか? それなら、先は知れてる。

この話は、何もチケット販売の分野の話だけではなくて、他の分野にも言える話。

投稿者: tsupo 2006.03.03 午後 10:35 | 固定リンク | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリを del.icio.us に登録 このエントリの del.icio.us での登録状況 | このエントリを Buzzurl に追加このエントリの Buzzurl での登録状況 | このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリのlivedoorクリップでの登録状況 このエントリをlivedoorクリップに登録している人の数 | 酢鶏巡回中

楽天市場


日記・コラム・つぶやき」カテゴリ内の最近の記事

品揃え豊富で安い!NTT-X Store


アマゾンわくわく探検隊

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6737/8928072

この記事へのトラックバック一覧です: 抽象化による差異の吸収で消費者にやさしい販売方法を実現するという発想はないのか?:

コメント

コメントを書く




※イタズラ防止のため、メールアドレスを入力しないと投稿できません。

次からのコメント入力の手間を省くために、名前やメールアドレスをcookieに記憶しますか?


URL を入力すると、その URL にリンクがはられます。
なお、メールアドレスは公開されません。ご安心ください。


ワード

ニッセン

fujisan.co.jp

楽天市場