Visual Studio 2005 (Express 含む) のプレビュー版、ベータ版から正式版に移行するときの注意点

観測気球

収集物の記録書庫 a data archive of collection -- collectible toys

[要旨] Visual Studio 2005 のプレビュー版(もしくはベータ版)をアンインストールして、正式版をインストールする際にはまる問題点をまとめてみました。
[キーワード] Visual Studio 2005,トラブルシューティング

« ココログにいったん投稿した記事をあとで修正して投稿し直すと、修正したはずの内容が元に戻ってしまうことがある | トップページ | 502 Bad gateway、あるいは Proxy Error »

2006.04.30

Visual Studio 2005 (Express 含む) のプレビュー版、ベータ版から正式版に移行するときの注意点

古い Visual Studio 2005 がインストールされている状態からのアンインストール、新しい版のインストールに関するあれこれは別途、記事にします。要するにすんなりアンインストールもインストールもできませんでした

[観] metaco を使おうとしたら、エラーダイアログが出てしまいました

ということで、同じ罠にはまる人がいるかもしれないので、メモを残しておきます。

作業前の環境

以下のものがインストールされていました。

  • .NET Framework 2.0 ベータ2
  • .NET Framework 2.0 ベータ2 日本語 language pack
  • Visual Studio 2005 Team Suite プレビュー版 (2005年9月版)
  • Visual Basic 2005 Express Edition ベータ2
  • Visual C# 2005 Express Edition ベータ2
  • Visual C++ 2005 Express Edition ベータ2
  • Visual J# 2005 Express Edition ベータ2
  • Visual J# 2005 再配布可能ライブラリ ベータ2
  • Visual Web Developer 2005 Express Edition ベータ2
  • SQL Server 2005 Express Edition ベータ2
  • MSDN 2005 Express Library ベータ2
  • MSDN 2005 Library 2005年9月CPT

アンインストール手順

(注意: 以下の手順通りアンインストールを実施すると、私と同じ罠にはまると思われます。ご注意ください。)

以下の手順でアンインストールを実施。

  • 「コントロールパネル」の「プログラムの追加と削除」から、以下の順で削除
    1. Visual Studio 2005 Team Suite プレビュー版 (2005年9月版)
    2. Visual Basic 2005 Express Edition ベータ2
    3. Visual C# 2005 Express Edition ベータ2
    4. Visual C++ 2005 Express Edition ベータ2
    5. Visual J# 2005 Express Edition ベータ2
    6. Visual J# 2005 再配布可能ライブラリ ベータ2
    7. Visual Web Developer 2005 Express Edition ベータ2
    8. SQL Server 2005 Express Edition ベータ2
    9. MSDN 2005 Express Library ベータ2
    10. MSDN 2005 Library 2005年9月CPT
    11. .NET Framework 2.0 ベータ2 日本語 language pack
    12. .NET Framework 2.0 ベータ2
  • この状態で、Visual Web Developer 2005 Express Edition をインストールしようとすると、まだプレビュー版が完全にアンインストール仕切れていない旨のメッセージが表示される。
  • アンインストール ツールを使って削除を実行する(と、Windows FX とか、その他、Visual Studio とは別に入れたプログラムやライブラリが削除されました。あと、SQL Server に関連すると思われるものもいくつか。あとレジストリの掃除もやってくれるようです)。

以上で、アンインストールは終わりです(と、そのときは思いました)。

新しい Visual Studio 2005 (Express Edition の正式版)のインストール

まず、「Visual Web Developer 2005 Express Edition」をインストールします。実際には、.NET Framework 2.0、日本語 Language Pack、Visual Web Developer 2005 Express Edition、SQL Server 2005 Express Edition の順番で、自動的にインストールが実行されます。

私の場合、Visual Web Developer 2005 Express Edition のインストール中にエラーが発生し、インストールが中断してしまいました。当然、SQL Server 2005 Express Edition もインストールされないままです。

どういうエラーかというと、「HRESULT が 0x8002802F になったのでインストールを中断する」(というような意味の英語)のダイアログが出たり(最初のインストール時)、「エラー 2908 が発生した」(とか、そんな感じの日本語の)ダイアログが出たり(インストール再試行時)します。

このエラーを解消するにはどうすればいいのか、Google で検索して調べてみた(検索キーワードは「Visual Studio 2005 Express 2908」)ところ、以下のような記述を発見しました。

The underlying problem was that VS setup detected that the .NET Framework 2.0 was already installed and skipped that prerequisite step. However, the machine did not actually have the .NET Framework 2.0 installed, but instead only had the registry key that VS setup uses to detect whether or not the .NET Framework 2.0 is installed. I found that the machines had the following orphaned registry key/value that VS setup uses to determine that .NET Framework 2.0 was already installed:

  • Key name: HKLM\Software\Microsoft\NET Framework Setup\NDP\v2.0.50727
  • Value name: MSI
  • Data type: REG_DWORD
  • Value data: 1

Aaron Stebner's WebLog : VS 2005 setup fails with 1935 or 2908 error

要するに、レジストリ HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\NET Framework Setup\NDP\v2.0.50727 キーの MSI を削除すれば解決する、ということです。(ちなみに、このキーの直下に 1033 とか 1041 というキーがあって、それぞれに MSI がありますが、これらは削除しないように注意!!)

上記のレジストリ値を実際に削除したら、とりあえず、Visual Web Developer 2005 Express Edition のインストールは成功しました。が、今度は SQL Server 2005 Express Edition のインストールに失敗します。SQL Server はなくても、(データベースとは無関係な)プログラムは開発できるし、まぁいいかぁ、ってことで、放置して先に進みます。 (^^;

以下の順番でインストール。

なお、J# のインストーラだけ英語版ですが、ちゃんと日本語版の J# がインストールされます。他に、J# 用の再配布可能ライブラリのパッケージや、英語版の MSDN (のうち、J# 関連部分のみ?) も一緒にインストールされます。

で、あとは SQL Server なんですが、この状態で再度インストールを試みてもやっぱり駄目。試しに「コントロールパネル」の「プログラムの追加と削除」を見たら、ベータ版の SQL Server Express Edition、その他関連するプロダクト合計3つが復活してる!! この3つを削除(アンインストール)してみました(エラーは特に出ませんでした)。

そして、またまた SQL Server Express Edition のインストールにチャレンジ。今度は無事にインストールに成功しました。この間、約6時間。そんなに時間をかけるつもりはなかったのに。 orz

何はともあれ、最終的にうまくいってよかったです。終わりよければ、すべてよし、ということで。

まとめ

Visual Studio 2005 (Express Edition を含む)のプレビュー版やベータ版をアンインストールするときは、「コントロールパネル」の「プログラムの追加と削除」経由でアンインストール(削除)するのは極力避け、「Visual Studio 2005 プレリリース版の削除」のアンインストールツールを使って削除した方が無難です。

アンインストールツールを使っても削除できないものがあれば、そこではじめて、「コントロールパネル」の「プログラムの追加と削除」経由でアンインストール(削除)するようにしましょう。

正式版のインストール時にエラーが出た場合は、レジストリから「.NET Framework 2.0 がインストール済みかどうかを示すキー」を削除することで、エラーが出なくなります。

SQL Server 関連でエラーが出た場合は、SQL Server を使う必要があるプログラムを開発する予定がなければ、そのまま放置でも構わないと思います。どうしても気になる場合は、プレビュー版のアンインストール(でエラー発生)→正式版のインストール(でエラー発生)→プレビュー版のアンインストール(エラーが出なくなる)→正式版のインストール(エラーが出なくなる)という手順で、うまくいく可能性があります。試してみてください。

関連記事

投稿者: tsupo 2006.04.30 午後 07:34 | 固定リンク | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリを del.icio.us に登録 このエントリの del.icio.us での登録状況 | このエントリを Buzzurl に追加このエントリの Buzzurl での登録状況 | このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリのlivedoorクリップでの登録状況 このエントリをlivedoorクリップに登録している人の数 | 酢鶏巡回中

楽天市場


プログラミング」カテゴリ内の最近の記事

品揃え豊富で安い!NTT-X Store


アマゾンわくわく探検隊

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6737/9829306

この記事へのトラックバック一覧です: Visual Studio 2005 (Express 含む) のプレビュー版、ベータ版から正式版に移行するときの注意点:

コメント

コメントを書く




※イタズラ防止のため、メールアドレスを入力しないと投稿できません。

次からのコメント入力の手間を省くために、名前やメールアドレスをcookieに記憶しますか?


URL を入力すると、その URL にリンクがはられます。
なお、メールアドレスは公開されません。ご安心ください。


ワード

ニッセン

fujisan.co.jp

楽天市場