plagger の謎

観測気球

収集物の記録書庫 a data archive of collection -- collectible toys

[要旨] plagger がちゃんとインストールできたことを確認するために、config.yaml を用意して、plagger を起動してみました。そしたら、謎がいくつか出てきたり。
[キーワード] plagger,YAML

« Windows 環境に plagger をインストールする場合の注意点 | トップページ | [AWS/ECSに関するメモ]amazon.co.jp の「ヘルス&ビューティー」ストアの genre コード »

2006.08.29

plagger の謎

ということで、plagger をインストールしてみました。動作確認用に、以下のような config.yaml を用意しました (Publish::Gmail は smtp がファイアウォール超えできない環境なので試せないし、Publish::MT も(proxy のせいで?)うまく動かないようなので Publish::PowerPoint を使って動作確認しています)。

global:
 plugin_path:
  - C:\Perl\site\lib\Plagger\Plugin
 assets_path: C:\Perl\site\lib\Plagger\assets
 timezone: Asia/Tokyo
 log:
  level: debug
 cache:
  base: C:\plagger

plugins:
 - module: Subscription::Config
   config:
    feed:
     - url: http://cookpad.com/
       meta:
        follow_link: /recipe/

 - module: CustomFeed::Simple

 - module: Filter::Rule
   rule:
    module: Deduped
    path: C:\plagger\dedupe-cookpad.db

 - module: Filter::EntryFullText
   config:
     assets_path: C:\Perl\site\lib\Plagger\assets

 - module: Filter::BreakEntriesToFeeds
   config:
    use_entry_title: 1

 - module: Publish::PowerPoint
   config:
    dir: c:\plagger\ppt
    filename: %l_%i.pps

この config.yaml は「しげふみメモ:PlaggerでCOOKPADのピックアップレシピをGmailへ」に掲載されている config.yaml を元に、少しいじってみたもの(出力を Publish::PowerPoint に付け替えてみた)ものです。

謎 #1

で、なぜか、

 - module: Filter::EntryFullText
   config:
     assets_path: C:\Perl\site\lib\Plagger\assets

のように、Filter::EntryFullText に関しては、別途 assets_path: を指定しないと、C:\Perl\bin\assets の方を見にいってしまいます。global: で指定した assets_path: が無視されてしまっています。何でだろう?

Plagger [info] plugin Plagger::Plugin::Filter::EntryFullText loaded.
Plagger::Plugin::Filter::EntryFullText [fatal] C:\Perl\bin\assets\plugins\Filter-EntryFullText: No such file or directory at line 40

謎 #2

plagger 起動直後に、以下の warning (?) が出ます。とりあえず、この warning が出ても問題なく動いているようですが、気になります。

Attempt to free non-existent shared string '・ソglobal' (utf8), Perl interpreter: 0x274f74 at C:/Perl/site/lib/Plagger/Walker.pm line 52.

C:/Perl/site/lib/Plagger/Walker.pm を見ても、特にあやしそうなところはないし。
これは、config.yaml (UTF-8 で記述) の先頭に付いてる BOM が悪さをしてるのかな? (BOM を消して、というか UTF-8N で書き直したら、この warning は出なくなりました。謎 #1 も消滅。BOM が原因だったんですね、謎 #1 も #2 も)

謎 #3

YAML は、

  本文    # コメント

のようにコメントが書けるはずなのに、

 - module: Publish::PowerPoint
   config:
    dir: c:\plagger\ppt
    filename: %l_%i.pps  # 本当は、basename の末尾を連番にしたい

と書くと、

cookpad_com__bb85fc2538af977e15bae45e0908d253.pps  # 譛ャ蠖薙・縲|asename 縺ョ譛ォ蟆セ繧帝€」逡ェ縺ォ縺励◆縺.ppt

なんて名前のファイルができてしまいます。コメントとして扱われてない!! (config.yaml の先頭の BOM を消しても、この謎 #3 は残ったままでした)

こんな感じで、まだまだ謎がいっぱい出てきそうな予感。

追記

config.yaml の先頭に BOM があるときとないときとで、Filter::BreakEntriesToFeeds の動作も微妙に異なるようです(BOM があると、予期しない動作をすることがあるようです)。あと、BOM があるときは C:\plagger\cache も生成されません。ってことで、BOM は使わない方がいいようです。

投稿者: tsupo 2006.08.29 午後 08:21 | 固定リンク | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリを del.icio.us に登録 このエントリの del.icio.us での登録状況 | このエントリを Buzzurl に追加このエントリの Buzzurl での登録状況 | このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリのlivedoorクリップでの登録状況 このエントリをlivedoorクリップに登録している人の数 | 酢鶏巡回中

楽天市場


プログラミング」カテゴリ内の最近の記事

品揃え豊富で安い!NTT-X Store


アマゾンわくわく探検隊

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6737/11669519

この記事へのトラックバック一覧です: plagger の謎:

コメント

コメントを書く




※イタズラ防止のため、メールアドレスを入力しないと投稿できません。

次からのコメント入力の手間を省くために、名前やメールアドレスをcookieに記憶しますか?


URL を入力すると、その URL にリンクがはられます。
なお、メールアドレスは公開されません。ご安心ください。


ワード

ニッセン

fujisan.co.jp

楽天市場