【イベント参加レポート】 Google Developer Day 2007

観測気球

収集物の記録書庫 a data archive of collection -- collectible toys

[要旨] 「ネットワーク越しに通信する必要のあるタイプの Google Gadgets は、どうやって実現しているのか?」、私にとっては、その回答こそが、今回のイベントでいちばんの目玉でした。
[キーワード] イベントレポート,Google Gadgets

« ターン(BlogPet) | トップページ | Twitter API 仕様書 (勝手に日本語訳シリーズ) 第三版 »

2007.06.04

【イベント参加レポート】 Google Developer Day 2007

2007年5月31日に開催された Google Developer Day 2007 に参加してきました。すでにいろんな人がレポートを書いていると思うので、私のレポートは手短に書くにとどめます。

今回のイベントの目玉は、「Google Gears」 と 「Google Maps に組み込めるマップレット(mapplet)」の2つだと思いますが、私が興味を持ったのは、Google Gadgets 関係。

ネットワーク対戦が楽しめるチェスのガジェット(例えば、Google ガジェット:  Strategy Chess とか Google ガジェット:  Multiplayer Chess)があるんですが、通信はどうやって実現しているのか、という質問をしている人がいました。返ってきた答えにある意味、衝撃を受けました。実は、ネットワーク越しにガジェット同士が通信する API は存在してなくて、GTalk (Google Talk) を使って対戦データのやり取りをしている、というんですよね。

確かに、対戦相手を探すのに Google Talk を利用できる、とは書いてあります。一方、対戦データ(棋譜)のやり取りまで(ユーザの知らない間に) IM 経由でやり取りするとは書いてない。「IM を乗っ取って、情報交換を行なうボットネットワーク」と紙一重のことをやってる訳です。勝手にやっちゃっていいのかなぁ? と心配になってしまいました。

それはともかく、Google Gadgets を使っている人は必ずしも GTalk を使っているとは限らないのに、GTalk の存在を前提としたアプリケーションを躊躇なく作ってしまうという辺りに、Google の技術者の真髄を見たような気がしたのでした。

投稿者: tsupo 2007.06.04 午前 02:20 | 固定リンク | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリを del.icio.us に登録 このエントリの del.icio.us での登録状況 | このエントリを Buzzurl に追加このエントリの Buzzurl での登録状況 | このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリのlivedoorクリップでの登録状況 このエントリをlivedoorクリップに登録している人の数 | 酢鶏巡回中

楽天市場


プログラミング」カテゴリ内の最近の記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリ内の最近の記事

品揃え豊富で安い!NTT-X Store


アマゾンわくわく探検隊

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6737/15308844

この記事へのトラックバック一覧です: 【イベント参加レポート】 Google Developer Day 2007:

コメント

コメントを書く




※イタズラ防止のため、メールアドレスを入力しないと投稿できません。

次からのコメント入力の手間を省くために、名前やメールアドレスをcookieに記憶しますか?


URL を入力すると、その URL にリンクがはられます。
なお、メールアドレスは公開されません。ご安心ください。


ワード

ニッセン

fujisan.co.jp

楽天市場